毎週木曜長居公園でペース走を行っています                                       こちらはレポートメインですが代表しげちゃんの記事も更新しています      
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月31日 (火) | 編集 |
ほんとに今の嵐の人気はどうゆうことなんでしょう
自分もファンではあるけども、ここまで人気が上がるとは
想像も出来ませんでした
それで私の独断で人気急上昇の理由をあげてみました
あくまでこれは私の感覚ですのでご理解下さい(順不同です)
嵐の人気上昇の理由その①
花より男子2のドラマから
私もこのドラマではじめて潤君を知り嵐を知りました
ブログでまわっていてもこのドラマがきっかけで
潤君ファンになった、そして嵐を好きになった人が多い
私もその中のひとりです
そして30代・40台の主婦の人も多い
これは人気の層を広げてるのだと思います
アイドルは10代・20代が中心ですから幅広くなったと思われます
嵐の人気上昇の理由その②
メンバー全員の仲のよさ(チームワーク)
これは絶対ですよね
バラエティーとか見ていて、あのメンバーの空気が凄くいい
お互い言いたいこと言ってるけど、その裏には優しさ思いやり
そうゆうのがテレビの前でも伝わってくる
これまで大きな喧嘩も無いというのもそうゆう事なんですね
そしてまごまご嵐ボート部で更にチームワークを強くした
嵐の人気上昇の理由その③
コンサートのファンサービス
これはどのグループにも勝ってるとあちこちから聞きます
新しいことを挑戦することもそうだし第一にファンを重視してる
私は今回はじめて見に行きましたが遠い席でも十分楽しめた
広い会場が狭く感じた
距離はあったけど嵐はできるだけ近くにきてくれた
そしてひとりひとりにちゃんとお礼をしてくれる
手を振ったり頭をさげたり
嵐は自分のためと言うよりファンのためにしているように見えた
一度見に行った人はどうゆうことか解ると思います
今回はコトバノチカラそのとおり嵐はカラダ全体で私たちに伝えてくれた気がしますファンと一体になってやったコンサートだと思う

嵐の人気はもっともっと続くと思う
嵐がいつも前向きな姿勢で頑張ってる
それを見せられれば誰もがひきつけられちゃいます
年齢性別問わず嵐の人気があるのは嵐自身がファンのために頑張ってくれてるから
それは人気があっても天狗にならずただ一生懸命なところ
それを今のファンは解ってるから大好きなんだと思う
潤君を好きになって嵐に入っていったけど
今では嵐全員が大好き、そうゆう風に思えわれる嵐は最高のグループ
嵐の魅力を知りたい人は一度コンサートに行けばわかるはずです
自信もって胸を張っていえるコンサートです
嵐君毎日忙しい日が続きますが頑張ってください
身体だけは壊さないようにしてほしいです

辛いときは言ってもいいと思うよ(私個人の意見ですが)
いつまでも嵐を応援します


↓ランキング参加してます
ジャニラブ ジャニーズ情報

新しくランキング参加してます
ポチっとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
この記事へのコメント
こんにちははじめまして。すでにファンになってしまったので、客観的に見て今の嵐ってどうなんだろう・・・って思っています。やっぱりすごい急上昇なんでしょうね。
2007/07/31(火) 15:11:02 | URL | soup #-[ 編集]
★お返事です★
はじめまして、コメントありがとうございます。
最近の嵐は凄く人気がああって嬉しいような悲しいような。だけど嵐の目標だから人気があるのはいい事だと思ってます。今までどおりの嵐でさえいてくれたら。
これからも遊びに来てくださいね、先ほど遊びに行かせて貰いました。
相葉ちゃんの事たくさん書いていて楽しく読ませてもらいました。これからも宜しくお願いします。
2007/07/31(火) 15:26:28 | URL | soupさんへ♪ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。